セフレ作り

女性を依存させる・惚れさせる禁断の方法を大暴露!

みなさんは、『女性を自分に依存させたい・離れられなくしたい』と思ったとはありませんか?

出会い系サイトで知り合った女の子などを彼女やセフレにして、身も心も自分用の女にしてみたいと思ったことがある男性もいるのではないでしょうか?

 

『悪魔の手法』といった言葉がありますが、これから紹介する女性を依存させる方法は、非常に危険な内容です。

 

というのは、こういった手法で、女性を依存させてしまうと、あなたに対して女の子の気持ちが吸盤のように吸着してしまい、女の子があなたと別れたくても中々、別れられなくなってしまうからです。

 

無理に別れようとすると、女の子がストーカーになってしまい、あなたの自宅や職場に来てしまうかもしれません^^;

 

なので、非常に危険な手法なため、取扱いには十分な注意が必要になります。

実践するかどうかは、自己責任ということでお願いします。

 

女性を依存させるメリット・デメリット

依存させた裸の女
女性を依存させるのは、メリットだけでなく、デメリットもあります。長所と短所をよく知った上で、女の子を依存させるかどうかを決めることをおすすめします。

 

冒頭でも挙げたように、女性がストーカーなどに変貌してしまい、トラブルになる場合があるからです。

 

メリット

メリットは、なんといっても、継続したセックスが相手ができることでしょう(笑)

相手の女性は、あなたに依存している状態なのですから、関係を維持するのが簡単というところも非常にいいところです。

 

というのは、彼女がいたり、他のセフレなどの女性がいたりする人は、会う時間が中々作れない場合もあります。それでも、依存してくる女性は会わなくても、関係を維持しやすいので、簡単には関係が切れたりはしないからです。

 

いわゆる『都合のいい女性』を確保できるということなので、自分が会たい時に、会うことができてとても便利な存在です。

 

「デリヘルのような感じで付き合うことができる」と、言っているセフレ保持者もいるぐらいです(笑)

 

デメリット

デメリットは、『精神的な負担が増える』ことでしょう。

 

女性を依存させると、相手から頻繁に連絡があったり、会いたがったりして、それらに対応をしないといけなくなり、必然的に自分の時間が削られることになります。

プライベートの詮索も多くなったりするので、疎ましく思うこともあります。

 

相手の女性を自分の意のままに操ることになるので、女の子がそれに気づいた時、相手から恨まれることだってあるかもしれません。

 

そして、関係を切りたくなっても、中々、別れてくれなくて、困る場合もあります。なので、女の子を依存をさせても、やはり、ある程度の距離を取って、ほどほどにしておくことを忘れないようにしましょう。

 

女性を依存させる男性になる方法

女性を上手く依存させる・惚れさせるには基本的な女の子の接し方がとても大事になってきます。

 

これから説明していく基本姿勢ができていないと、女の子を上手く依存させることはできないので、しっかりと理解しておくことが必要です。

 

あなたの普段の女の子に対する接し方と比較して、どの部分が足りないのかを意識して読み進めることをおすすめします。

 

人間誰しも、自分の足りないことを理解すると、それらを補くために、普段から意識付けができるからです。

それでは、1つ1つ見ていくことにしましょう。

 

女性を否定しない

あなたは、女性の考えや意見などを否定したりする時はありませんか?

この女の子を否定するは、絶対にNGです。否定されて嬉しがる人は、まずいません。女の子は、自分の考えや趣味などを否定されたくない生き物であることをまず理解しましょう。

 

『否定されたくない=肯定されたい』ということですよね?

 

自分のことを肯定してくれて、何でもあるがままを受け入れてくれた男性に対して女性は、『この人は、わたしのことを本当に分かってくれる真の理解者だ』と思ってくれます。

 

女性は本当に信頼した男性とは、『一緒にいたい』『離れたくない』という本能のを持つ生き物です。

あなたに対するこの深い信頼が相手の女性を依存させる基盤となるのです。

 

悪いところは注意する

前項とは、正反対の意味になりますね。

女性の全てを受け入れて肯定することが基本姿勢なのですが、どんなことであっても、相手にダメ出しをしないかというとそうではないんです。

 

ただし、ダメ出しをするところは、『人の道に反したことを言った時やした時だけ』なのに注意して下さい。

 

例えば、

  • 親や友達の悪口を言った時
  • 約束を破った時
  • 何かの不正をした時

 

などです。

 

上記に挙げたものは、誰がどう見ても、世間的には悪いことですよね?そういったことまで、肯定をしてはいけません。

 

悪い部分を注意されて、常識的な正論を言われた女の子は、『確かにそうだ。わたしの方が間違っていた』と思うはずです。それは、社会に生きていると倫理的に良くないことは、人間誰しもが知っているからです。

ただ、良くないことが分かっていても、人の悪口を言ったりしてしまう生き物なのが人間の1つの性質でもあります。

 

これに対して、一般的な考えや趣味のことまで否定をしてしまうと、『そんなの個人の考えは、自由じゃない?全然、気持ちを分かってくれない』となってしまうので、前項で挙げた内容に反してしまうので注意が必要です。

 

注意をされた女の子は、『わたしが悪かった。彼のために変わらないと』と思ってくれるはずです。その上、あなたに対して頼りがいや信頼も生まれます。

 

彼女が反省をして直したポイントは、後できっちりと、褒めてあげることも肝心なので忘れないようにしましょう。こういうフォローは、女性をドンドン手なずけることにも大いに役に立ちます。

 

とことん優しくする

女性に、「男性のタイプは?」と聞くと、誰も口にすると言ってもいいのが、「優しい人」です。

 

自分は、出会い系サイトで何人も女性とメッセージのやり取りをしていますが、殆どの女性がタイプの男性を「優しい人」と回答しますね(笑)

なので、狙った女性には、どんな時も優しくするのが基本姿勢になります。

 

優しくもない男性に女性が依存するわけはないので、忘れないようにしましょう。

 

それでは、あなたが女性に対して、優しくできない時、不満を言いたくなる時がどんな場合かを思い出してみて下さい。

 

例えば、

  • ラインの返事が遅い時
  • 待ち合わせの時間に遅れて来た時
  • わがままばかりを言われた時
  • からかうようなことを言われた時

 

と、こんなところでしょうか。よく耳にするのがLINEの返事が遅かった時ですね。

あと、約束の時間に遅れた時もよく聞く話です。時間にシビアなところは、いかにも日本人らしいですよね(笑)

確かに、女性の中には、時間にルーズな人が男性よりも多い気がしますね。

 

この女の子に怒ってしまうかもしれないポイントを意識して、怒らないように注意すればいいのです。

 

なので、自分の場合は、女の子のラインの返事が遅れたりしても、プッシュの連絡を直ぐにはしないし、約束の時間に遅れた時でも、絶対に怒らないようにしています。

 

普段の意識付けによって、かなり女の子の態度をいい方向に返ることができますからね。

 

女性に対して、怒ってしまうポイントを整理して、絶対に怒ったりせずに、常に優しい態度を維持するように心掛けましょう。

 

どこまでも尽くす

『尽くす女』というキーワードは、よく聞きますよね。男性でも女性を依存さえるには、相手に尽くしまくるのがとても効果的です。

 

彼女の都合に何でも合わせてあげて、会ったりしてあげることが大切です。女の子を依存させるために、あなたがその女性に依存している感じに振舞うと言ってもいいでしょう。

 

女性からすれば、どんな都合にも合わせてくれるあなたのことを『わたしのことを一番に考えてくれる男性だ』と感じてくれるようになるわけです。

 

高い頻度で会っていると、女性もその男性なしでは生きられないような感覚になってくるはずです。会う回数を多くして、あなたなしでは生きられない状態にして、依存させるのです。

 

ただ、この方法には、男性側にも色々と仕事の都合などがある場合もあるので、それらを犠牲にしないといけない部分が出てくる欠点があります。

 

なので、基本姿勢としては、『女の子に尽くす』でいいですが、あまりあなたの負担になるようなら、セーブするということも必要でしょう。

 

欠点を見せる

あなたは、自分の持っている欠点や弱みを女性に見せる時がありますか?

 

『自分の弱みなんかを見せるなんて恥ずかしいし!(笑)』と思うかもしれませんが、実は、この欠点を見せることは、女性を依存させるのに大いに役立つのです。

 

男がプライドの高い生き物なのは、女性も知っている人が多いので、あなたが女の子に欠点や弱みを見せると、『わたしだから、欠点を見せてくれるんだ』と信頼の証と感じてくれたりします。

 

あと、『なんか可愛いところもあるんだ』とあなたに対して親近感を感じてもくれるでしょう。

 

この『信頼』『親近感』を得るために、あなたの欠点を女性に晒すのです。

 

普段周りに見せている顔とは、違う本音の顔を見せてくれたあなたに対して、好感を持ってくれるのは言うまでもありません。

 

なので、女の子にはカッコいいところばかりを見せずに、2人きりになった時やピロートークなどで、「昔から、身長が低いのがコンプレックスでさ~」「いや~、仕事が上手くいかなくて」「上司に怒られちゃって参ったよ^^;』など、あなたの弱みを見せてあげて下さい。

 

ただ、基本は頼りになる男である姿勢は崩してはいけません。上手く欠点や弱みを見せることが女性を依存させることに繋がることを忘れないようにしましょう。

 

小まとめ

以上が、『女性を依存させるための男性の基本姿勢』ですね。

 

基本は、優しく頼りがいがあるけど、2人きりになるとたまに弱気なところを見せるイメージを持ちましょう。

 

『自分の性格には、あまり当てはまらないなあ』と思った人もいるかもしれません。ただ、自分もそうだったんですが、女の子にモテるために、少し性格を変えましたね(笑)

これも、女性にモテたり、セフレを作ったりするためです(笑)

 

もちろん、『性格を変えてまでは、ちょっと...』というポイントがあるかもしれません。なので、どうしても譲れない場合は、できることから身につけていくのをおすすめします。

無理をしえ性格を変えるのは、精神的にも良くないですからね。

 

男に依存しやすい女のタイプ

それでは、女性を依存させる・惚れさせるための基本姿勢が分かったところで、次は、『男性に依存しやすい女性の特徴』を説明していきますね。

 

女性に対する基本姿勢を理解していても、肝心の女の子が依存させ辛いタイプだったとしたら、中々、上手くいきません^^;

 

なので、予め、男性に依存しやすい女性のタイプを知っておくと、相手を依存させたり、セフレなどを作ることができる確率が上がるというわけです。

 

それでは、男に依存させやすい女の特色を1つ1つ見ていきましょう。

 

大の寂しがり屋

寂しがり屋の女性は、滅茶苦茶依存させやすいです。この手の女性は、常に誰かと接していないと、ダメなタイプですね。

 

なので、あなたが好意を持って、この手の女の子に上手く近づいていけば、とても食いつきがいいです。元々、誰かにいつも構ってもらいたいわけですから、自分に好意がある男性ならなおさら反応がいいですよね。

 

この手の女性は、好意を持ってくれて、構ってくれる男性に対して、非常にめり込みやすい傾向があります。

 

特徴としては、連絡の頻度が高いかどうかで、直ぐに分かります。なので、ラインが毎日来て、しょっちゅう電話をしたがる女は逃してはいけませんよ!(笑)

 

会う頻度も多くなるので、自分の時間が犠牲になる場合もありますが、寂しがらせないように、きっちりと相手をしてあげれば、あなたから離れられなくなるでしょう。

 

依存させるには、マメであればいいので、割と簡単に依存させやすい女性のタイプではありますね。

 

無趣味である

無趣味の女性も落としやすいです。無趣味ということは、時間を持て余している人です。何もすることがないし、いつも誰かに構って欲しいと思っている女性が多いです。

 

無趣味ではあるけど、楽しみや刺激を求めている人が多いので、相手が退屈しないように、構ってあげたり楽しませてあげると、とても食いつきが良く、依存もさせやすいです。

 

友達があまりいない

友達が全くいない女の子は珍しいですが、友達が少ない人は結構いたりします。

この手のタイプも依存させやすいです。

 

友達が少ないので、暇な時間や寂しいと感じる時間が長い傾向があります。友達が少ないということは、頼れる人もあまりいないです。

 

ただ、異性には興味はあるので、頼れる人が目の前に現れて、優しく接して好意を伝えると、とても食いつきがいいです。

 

反対に、友達が多い女性は、色々なタイプの人が周りにいて、比較する対象が多いということなので、1人の男性にのめり込んで依存するということが少ないです。

 

ただ、友達が少ない女性でも、自立心が高く何でも自分でやってしまうタイプは、依存し辛いタイプなので、近づいても上手くいかない可能性の方が高いでしょう。

 

友達が少なく自立心もあまりなく、寂しがり屋なら、絶好の標的ですね(笑)

 

自立心が低い

前項でも少し触れましたが、自立心が低い女性も依存させやすいです。

 

困ったことがあると、自分で解決しようとしないで、直ぐに誰かに頼ろうとする女性ですね。この手のタイプの女の子、周りにいませんか?(笑)

 

自分で解決しようともせず、直ぐに他の人の意見を聞きたがります。他の人の意見を参考にするのはいいですが、度が過ぎるタイプですね。

 

要するに、頼りない女性ということです。頼りないので、頼れそうな男性が優しい言葉をかけて近づいて行けば、非常に食いつきがいいですね。

 

つまり、あなたがその頼りがいのある男性になればいいので、アドバイスを求められたら、的確な助言をするなどして、頼りがいのあるところを見せていきましょう。

 

見分けるのは簡単で、相手の女性に対して、『○○ちゃんは、どうしたいの?』と聞いてみることです。そうすると、『う~ん、どうしたらいいのか分かんない^^;』など自分がどうしたいかも分からない場合は、自立心がないタイプ確定ですね。

 

自信がない

自分自身に対して、自信がない女性も依存させやすいです。自分に自信がないので、その女性のいいところを見つけてあげて、褒めてあげるとともて食いつきがいいです。

 

『こんなに褒められたの初めて』『わたしのいいところを見つけてくれた』と思ってくれて、あなたに好意を持ち、依存させることができます。

 

自信を持たせてくれた男性と一緒にいることで、精神的な満足が得られるわけなので、離れて行き辛いです。

 

反対に、自信が十分ある女性というのは、文字通り自信があるので、誰かに依存をする必要がありません。

 

男性から言い寄られることも多いので、1人に依存しなくて、『わたしなら好きになってくれる男なんていくらでもいる!』といったようないけ好かない態度(笑)なので、依存させるのはイケメンなどのスペックのいい人であっても難しいでしょう。

 

自分勝手

意外にも自分勝手でわがままなタイプも依存をさせやすいです。

誰かに依存しているというのは、『わたしは、○○さんがいないとダメ』という状態なんです。

 

なので、寂しさを感じたりした時は、直ぐに、『構って欲しい』『会って欲しい』とその男性のことしか見えなくなり、自分の要望ばかりを求めて非常にわがままです。

 

心の中は寂しさで埋め尽くされていて、その状態を脱したいがために、自分のことしか考えられなくなります。

 

なので、あなたが女性の自分勝手な要望を満たしてあげれば、あっけないほど簡単に依存させることができるんです。

 

直ぐに謝る

何かにつけて、直ぐに謝る女性も依存させやすいです。

直ぐに謝ってしまうというのは、自分に自信がなかったり、相手に嫌われたくない気持ちが強いからです。

 

『そんなことで謝らなくても...』というようなことまで、謝ってくるので、ちょっとびっくりすることがある女の子もいるぐらいです^^;

 

例えば、「これから、会える?」と聞いても、謝ってきますからね。これが普通の女性なら、「直ぐなんて無理に決まってるじゃない!」と嫌われ兼ねないです^^;

 

こういうタイプを見つけたら、逃がさないで積極的にアプローチをしかけていきましょう。

 

小まとめ

以上が、男に依存しやすい女の子のタイプですね。このタイプは、基本、寂しがり屋で常に誰かに構って欲しいと思っている女性なのが分かったもらえたと思います。

 

冒頭に挙げた、女性を依存させる男性の基本姿勢を持ちながら、男に依存しやすい女の子をターゲットに近づいていくことが女性をペット化できる近道になります(笑)

 

しかし、女性に依存されてしまうと、時間的・精神的な負担が重荷になり、キツいと感じるようになる場合があります。なので、女の子の依存度が極端に増してきたと思ったら、関係をスッパリと切るぐらいの気持ちを持っておきましょう。

 

ただ、セフレ化した女の子を切る時も色々と注意をしないといけないことがあるので、下の記事も参考にしてみて下さい。

別れたいセフレの女性
セフレや都合のいい女性との別れ方を徹底解説!

出会い系サイトなどで知り合った女性をセフレにできた場合であっても、その女性と別れたくなる時が来ることがあります。   まだ、セフレができたことがない男性にとっては、『なんて贅沢な人だ!』『俺 ...

 

女性を上手く依存させる悪魔の手法

『女性を依存させる男性になる方法』『男性に依存しやすい女性のタイプ』が分かったところで、いよいよ実践編である、女性を上手く依存させる方法を解説していきたいと思います。

 

具体的な手法をマスターすることで、女性を完全に手なずけてることができるようになるので、しっかりと身につけましょう。

 

連絡は基本マメにする

よく『連絡がマメな男はモテる!』なんていうことを聞いたりします。これは、自分の経験上、事実ですね。

 

特に知り合ってまだ日が浅い時や相手の女の子の反応がイマイチの時には、マメに連絡をするようにしましょう。

 

単純に接触回数の頻度が高い人ほど、女の子は好きになる確率が高くなるからです。

 

ただし、相手のペースも考えないと、『自分のことしか考えてない人!』と思われることがあるので、注意が必要です。

相手の女の子に連絡をすることに対する気持ちの負担がないかを聞きつつ、連絡頻度を高くキープするイメージを持ちましょう。

 

連絡がマメでないと、『自分にあまりい興味がないんだ...』と思われて、LINEならブロックされてしまう可能性もあるので、マメな連絡は必須だと思って下さい。

 

連絡を焦らす

前項とは、全く反対に、ラインやメールなどの『連絡を焦らす』のも非常に効果的です。前項の連絡をマメにしつつ、たまに連絡を焦らすイメージですね。

 

この手法は、連絡のレスポインスが早い女の子に滅茶苦茶効果があります。

 

女の子からすれば、『いつも連絡がマメなのに、どうしたんだろう?』と不安になり、あなたのことが頭から離れられなくなります。このあなたのことをずっと考えているのが『依存状態』なのです。

 

焦らしておいて、連絡をすると女の子は安堵と嬉しいさから、ますますあなたのことを追いかけいき、ズブズブハマっていくようになります。

 

『不安にさせておいて、安心させる、不安を感じさせて、喜びを与える』ことで、どんどん相手の女の子をあなたに依存させてしまうのです。

 

しかし、あまり焦らす時間が長過ぎると、相手の気持ちが冷めてしまい、あなたの元から離れて行く可能性もあるので、経験上、焦らすのは最大でも1週間ぐらいがいいでしょう。

 

飴(あめ)と鞭(むち)を使う

あめとむちを上手に使う男は、女性を依存させるのが上手いですね。

 

これまで見てきた、『連絡をマメにして、たまに焦らす』ことも、あめとむちを使っていることに当てハマりますね。

 

『基本は女の子に優しく接するけど、たまには冷たくしてみる』などがその典型例です。

 

冷たくされた女の子は、『わたしが何か悪いことをしたのかな?』と自分を責めるようになります。そういった自己否定の感情に引きずられて、あなたのことをずっと考えてしまうようになり、それが依存に繋がるのです。

 

注意したいのが、冷たくするのは、何かのちゃんとした理由があった時にします。よく分からない理由で冷たくされた場合は、『彼の考え方はおかしい』と不信感を抱かせるからです。

 

前述したましたが、女の子が世間のモラルに反することを言ったりした時がそれに当たります。なので、依存させるために、女の子のダメなところを常に探すことも必要になってくるというわけです。

 

基本は優しい姿勢を保ちますが、相手のダメなところがあったら、即座に冷たくしたり、注意をするようにしましょう。

 

注意をした相手がちゃんと反省をしたら、いつもの優しい態度で接してあげることも忘れないようにしましょう。まさに、あめとむちですよね(笑)

 

聞き上手になる

『聞き上手な男はモテる』というのもよく聞いたりします。これも経験上、本当です。

 

女の子からすれば、ちゃんと話を聞いてくれる男性と一緒にいるのは居心地がいいです。その居心地の良さを自分から簡単に捨てることはしないでしょう。

反対に自分の話を聞いてもくれない男性と女性は一緒にいたいとは思ってくれません。

 

女性は、自分の考えに同意をしくれるだけで、相手のことを信頼し好きになる生き物です。

聞き上手になるには、しっかりと女の子の話を聞いているのを相手に伝えることが非常に大事になってきます。

 

例えば、女の子が「この間のドラマ面白かった」と言ったら、「面白かったんだね」と言うだけです。要は、相手の言ったことをそのまま繰り返すだけでいいんです。

 

前述した、『女性を否定しない』のところの内容と被りますよね。相手の言ったこと否定しないで、同意して頷いていればいいのです。

 

女の子に同じ内容を繰り返して言ってあげだけで、『この人、ちゃんとわたしの話を聞いてくれてる』と思ってくれます。

 

この手法は、とても簡単で、誰でも直ぐに身につけることができるので、是非覚えておいて下さいね。

 

常に支持する

基本は、常に女の子の意見などを支持する立場を保ちましょう。

『女性を否定しない』『聞き上手になる』のところの説明と被る内容ですよね。

 

よく会話をしていると、「その意見には、同意できない」と反論をしたくなる時があります。でも、我慢して、「そうだよね」「分かるよ」と同意しましょう。

 

女性は、ただあなたに同意してもらいたいから、意見を言ったりしているので、あなたの意見が聞きたいわけではありません。

 

もしかしたら、反論できないのを精神的にキツいと感じる人もいるかもしれませんが、これも女性を依存させるためだと割り切ることが必要になってきます。

 

いつも支持して同意してあげるだけで、女の子からの信頼を得ることができて、そこから依存をさせていくことができます。

 

自信を持って振舞う

女性と接せる時は、自信を持って振る舞いましょう。女の子は、自信がある人を好みます。反対に自信のない人は残念ながらあまり好みません。

 

自信があるということは、頼りがりがあるからです。頼りがりがない男性に、女の子は依存したりはしません。

 

ただ、『自信を持って振舞う』だけでいいので、本当は自信がなくても問題ないのです(笑)

 

ただ、自信があるのを完全に装うのは難しいので、セルフチャックをして、自分に自信を持てるところを探しておくのもいいと思います。

 

自信になるポイントが見つかったら、大いに自信を持てばいいのです。その自信は、何も言わなくても女性に伝わるからです。

 

注意をしたいのが、自信を持っていたとしても、そのことを自慢したりするのは厳禁です。女の子は、基本は謙虚な男性が好きです。自信はあるんだけど、謙虚な姿勢を保つようにしましょう。

 

あまり自信があるポイントがない人は、堂々とした態度をしたり、ハキハキとした受け答えをするだけでも、自信があるように見えたりするので、おすすめです(笑)

 

自信がある男性からホテルに誘われた女性は、まず断りません。これは、経験上、ホテルに誘う時に、堂々とストレートに誘った方が成功率が高かったことからも分かりますね。

 

喜びと驚きを与える

喜びと驚きを与えると、女性をとても喜んでくれます。

 

『聞き上手になる』になるのところの内容とちょっと被りますが、女の子が「バラの花好き」と言っていたとします。そこでは、「そうなんだね」と同意します。

 

そして、後日、彼女が忘れた頃に、彼女にその花をプレゼントしましょう。

そうすると、『あの時言ったことを覚えてくれたんだ』と思ってくれて、あなたへの信頼がより増すことは間違いないです。

 

『この以前言ったことを覚えてくれた』『突然プレゼントを渡す』が喜びと驚きなんです。

 

特に、驚きは、普段の普通の生活の中で、刺激を与える行為なので、たまにやってあげるのがいいでしょう。

 

喜びと驚きを与えるのは、何も高価な物である必要はないです。プレゼントをもらった女性は、喜びを与えてくれ、驚かせてもくれるあなたにドンドンハマっていくことでしょう。

 

頼りにする

女性を頼りにするのも、依存させるために効果的だったりします。

 

女の子に頼る・頼みごとをするということは、相手からすると、『わたしは頼られて、必要とされている』と感じます。

 

特に、自分に自信がない女性にとっては、非常に効果を発揮します。自信がない女の子は、『自分は誰からも必要とされていない』と普段から感じている人が多いので、『自分を必要としてくれる人が現れた』と思ってくれます。

 

『自分を必要としてくれる』状態は、女の子にとっては、気持ちがいいことであり、自分の価値を感じることができます。

 

そういういい気分にさせてくれる男性なら、気にしたり好きになるのは自然の流れです。どんどん、女の子を頼りにしていい気分にさせれば、依存させるのは時間の問題でしょう。

 

小まとめ

以上が女性を上手く依存させる方法です。

 

いきなり全部を実践するのは、難しいと思うので、徐々にできるようになっていきましょう。

 

特に簡単な手法に関しては、直ぐに実践して身につけてしまいましょう。聞き上手というだけでも、女性を依存させる準備は整ったと言ってもいいですからね。

 

女性がどれだけ依存しているかの基準

『女性を上手く依存させる方法』が分かったと思います。この悪魔の手法を実践していくと、今度、気になってくるが、『今、女の子がどれだけ自分に依存しているか?』だと思います。

 

相手があなたに依存していることが分かれば、依存させる方法が間違っていなかったということになり、あなた自身も自信がつくと思います。

 

それでは、下から1つ1つ紹介していきましょう。

 

連絡が多くなる

女性からの連絡が多くなった時は、明らかにあなたに依存してきている証拠です。

 

あなたは、女性を依存させるために、初めの内は、マメに連絡をしていたと思います。そして、焦らしのテクニックでたまに連絡をしなかったりしたと思います。

そういった成果が出てきているということでしょう。

 

毎日、ラインをして来るのは、もちろん、電話も頻繁にしたがったり、こちらからの連絡への返信スピードも早いのは、完全に依存しています。

 

1日のラインなどの連絡が20~30ぐらい以上になっている場合は、かなり依存度が高くなっている証でしょう。

 

頻繁に会いたがる

頻繁に会いたがるのは、間違いなくあなたにズブズブにハマっていっている状態です。

 

「さっき会ったのにもう会いたいよ~」「今度、いつ会えるの?」とか言ってきたら、しめたものです(笑)

 

最初の内は、相手の女性の希望に沿うように、会ってもいいです。そして、徐々に前述した焦らしのテクニックを使って、直ぐには会わずに適度に焦らしましょう。

 

経験上、この方法の方が相手をさらにベッタリと依存させることができるからです。

 

束縛が強くなる

あなたの行動を逐一チェックしたり束縛が強くなってきたら、依存をしてきているでしょう。

 

自分に自信を持っていない女性は、その傾向が特に顕著ですね。自分に自信がないから、『他に女はいないかな?』など不安に思い、自分から離れて行ってしまわないように、束縛をしてくるのです。

 

なので、元々、男性を束縛をする女性は、依存させやすいとも言えますね。ただ、束縛をされるのが絶対にイヤな人は、この手のタイプとは相性が合わないでしょうね。

 

尽くしてくれるようになる

プレゼントをしてくれたり、世話を焼いてくれるようになったりと色々と尽くしてくれるようになると、間違いなくあなたのことを好きになっているということです。

依存をしてきたどうかは、その女性が苦手なことでも無理をしてでもしてくれるようになった時です。

 

例えば、もっとあなたに気に入られたいと思い、苦手で慣れない料理を作るようになったら、依存をしてきたと言ってもいいでしょう。

 

まとめ

この記事では、『女性を依存させる男性になる方法』『男性に依存しやすい女性のタイプ』『女性を上手く依存させる方法』などを解説してきました。

 

冒頭でも書きましたが、女性を依存させることは、メリットもありデメリットもあります。相手を傷つけることだって、あるかもしれません。

なので、この手法を実践する場合には、十分な注意が必要です。

 

セフレとして女の子をキープをする目的なら、非常に役立つ方法なのは、間違いないです!

セフレにした女性
セフレとの関係を長続きさせる・維持する(キープ)する9つの方法

このサイトで紹介してあるような優良な出会い系サイトで、上手い具合に、セフレ(セックスフレンド)ができた人もいると思います。   『やった!セフレができたぜ!』『これで、しばらくはSEXの相手 ...

Copyright© LOVELIFE , 2020 All Rights Reserved.